話題な人

【画家】石田徹也が死んだ踏切場所はどこ?なぜ死んだのか?

【画家】石田徹也が死んだ踏切場所はどこ?なぜ死んだのか?

2005年5月23日、踏み切り事故で31歳という若さで亡くなられた画家の石田徹也(いしだてつや)[1973~2005年没]さん。

気鋭の画家として注目を集め出した矢先の出来事でした…。

 

当時彼は、自分の作風に対し”思い悩んでた”と報じられており、

”自殺説”もウワサがされておりますが…

 

そこで今回は、画家の石田徹也さんが死亡した「踏切場所」や「なぜ死んだのか?」についてまとめていきます。

【画家】石田徹也さんが「踏切事故」で死んだ場所はどこ?

踏み切り信号機の画像踏み切り信号機(イメージ)

石田徹也さんは、2005年5月23日に踏切事故でお亡くなりになられております。

踏切事故を起こした場所は、

小田急線沿い「町田の踏切り」

と伝えられておりますが、「町田市を走る小田急線」は意外にも長く

町田市の画像町田市を走る小田急線の経路

 

そのため、

具体的な踏切場所までは特定出来ませんでした。

 

ただし、石田徹也さんが自殺ではないのかという憶測については、否定できる理由がありました。


【画家】石田徹也さんはなぜ死んだ?自殺だったのか?

【画家】石田徹也の画像石田徹也(出典:YouTube)

石田徹也さんが、「自殺なのではないか?」と言われる根拠としては、

彼は非常に悩んでいた。

からでした。

 

どんな事で悩んでいたかと言うと?

彼と親交のあった知人の情報によると、2001年頃から石田徹也さんは、

  • 自分は画像としてやっていきたい。イラストレーターではないんだ!
  • イラストレーター的な描き方から、画家として自分自身を見つめていくには?

と、伝えられております。

 

その事から

彼は思い詰めた挙句に”自殺”したのではないか?

と推測(邪推?)されたのでしょう。

 

しかし、彼が自殺ではない理由として、

  1. 「アメリカに行って絵の勉強をする!」と言っていた。
  2. ポケットに100$ドル札を常に持ち歩いていた。
  3. 描きかけの絵(自画像?)がある。

と、以前石田徹也をテーマとしたテレビ東京の

「美の巨人たち」と言う番組で伝えられております。

 

その動画がありましたのでご紹介しておきます。

また彼は悩み抜いた末に、少し変化した「体液」と言う新作(人物に表情が付いた)を描き始めておりました。

 

「体液」

余談ですが、石田徹也の絵に”表情”と言う変化が描かれた「体液」は、今までの彼の作品とは一味違う事に印象を受けた人たちから、今でも多くの人たちの心を掴んでいるようです。


そして彼はさらに自画像(?)と思われる絵を描いている最中でもありました。

 

しかし…その矢先での突然の死でした。

石田徹也の作品画像(無題[絶筆])石田徹也の最後の作品(無題[絶筆])[出典:YouTube]

 

そのことから、あくまでも憶測となりますが…

 

Facty
Facty
自殺を図ろうとして人が「将来アメリカに行って勉強したい!」とか、「作風を変えて」新作を描いたりするのかしら?

 

と思いました。

以上の考察から、石田徹也さんが死亡したのは、

 

自殺ではなく、やはり”事故”だったのではないでしょうか?


まとめ:【画家】石田徹也が死んだ踏切場所はどこ?なぜ死んだのか?

石田徹也の作品画像(無題[絶筆])石田徹也の最後の作品[絶筆](出典:YouTube)

今回は「【画家】石田徹也が死んだ踏切場所はどこ?なぜ死んだのか?」というテーマで、

石田徹也さんが死亡した踏切場所や死亡した理由を調査していきました。

彼の事を調べれば調べるほど、彼の作品は人を引き付ける魅力があると感じられました。

また石田徹也さんが、今までとは少し違った、一歩前進・進化した作品を世に出そうとしていた矢先での事故死であっただけに、

 

今までとは違う、彼の作品がもう絶対に見ることが出来ないと思うと…

 

非常に残念で仕方ありません。

 

あまりにも早すぎる石田徹也さんの死を深く、深く悼むと共に、ご冥福をお祈りします…。😰


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。