訃報・事故

JR山手線で財布落として「非常停止ボタン」押した人の損害賠償は350万円!

【動画】JR山手線 渋谷駅で財布を落とした男性 損害賠償で大損か!?

JR山手線の渋谷駅の線路内に現金4万円が入った財布を落とし、「非常停止ボタン」を押した乗客と駅員が口論する動画が2022年7月5日にSNS上で拡散、物議を呼んでいます。

動画を見てもらえば分かりますが、駅員さんが「山手線停めてんだぞ!」と激高しております。

悪気が無かったにせよ、財布を落とした男性はJR東日本から山手線を遅延させてことによる「損害賠償」は請求されるのでしょうか?

また、されたとしたら今回のケースでは幾らくらいになるのでしょうか?

そこで今回は、「JR山手線を停めたら損害賠償は幾ら?」についてまとめていきます。

財布を落とし「非常停止ボタン」 押した人に駅員激高!電車停めて罰金か?
財布を落とし「非常停止ボタン」 押した人に駅員激高!電車停めて罰金か?2022年7月5日の午後8時頃、JR山手線の駅構内で、線路内に現金4万円が入った財布を落とし「非常停止ボタン」を押した乗客と駅員が口論し...

 

山手線を自分の都合で停めた「迷惑男性」についてコチラ👇

【TikTok特定!】山手線で財布落とした男は誰? 10代(顔画像)?
【TikTok特定!】山手線で財布落とした男は誰? 10代(顔画像)?2022年7月5日の22時ころ、JR山手線の渋谷駅で、財布を落とした乗客の男性が、駅員さんの静止を聞かず「非常停止ボタン」を押し、それに...

非常停止ボタンを押した乗客に「山手線停めてんだぞ!」と駅員が激高

JR山手線の電車の画像JR山手線(イメージ)

2022年7月5日、JR山手線の渋谷駅の線路内に現金4万円が入った財布を落とし

「非常停止ボタン」を押した乗客と駅員が口論する動画がにSNS上で拡散し物議を呼びました。

動画の中で

乗客
「なんで取ってくれないですか」
「お願いしてるじゃないですか」

という乗客に対し、

駅員
「何なんだその態度は!」
「お願いしてる態度か! 山手線停めてんだぞ!」

 

と、激高する駅員の姿が収録されており、

さらに動画は、問答の末に駅員が、

駅員
「警察行くから今日帰れねえからな。事情聴取長えからな」

と話すところで途切れています。

この動画を見た人たちからは、ツイッターでは賛否両論となり、また財布を落とした男性の態度も目に余る事から、大きな議論を呼んでおります。

 

果たして、この男性は、その後どうなってしまうのでしょうか?

やはり、JR東日本から「損害賠償」を請求されてしまうのでしょうか!?


財布を落として「非常停止ボタン」を押すと「損害賠償」は請求される?

「損害賠償」の画像

山手線の線路内に4万円が入った財布を落としたからと言って日本で1番「乗降が多い電車」と言われる「JR山手線」の、

よりにもよって「渋谷駅」で「非常ボタン」を押して電車を停めても大丈夫なのでしょうか?

損害賠償は請求されるのでしょうか?

電車の「非常停止ボタン」を押すケースとしては「人命に係わる重大な事故が発生した」場合であれば、

それは当然「非常停止ボタン」を押すべき事となります。

しかし、今回のケースは、それに当てはまりません。

そのため、今回のケースであれば

「損害賠償」を請求される可能性が高いと思われます。

では、「損害賠償」を請求されたとしたら、一体幾らになるのでしょうか?


JR山手線を停めたら「損害賠償」は100万円以上になる!?

札束の画像札束(イメージ)

4万円の入った自分の財布を、JR山手線の渋谷駅線路内に落とした男性の場合は

「損害賠償」を請求される可能性が非常に高い事は分かりました。

 

ツイッター上では、もうすでに請求額の推測がされておりました。

ツイッター上では「100万~2000万円」と、さまざまな金額説💴がでておりますね。

 

ですが、今回のように

  • JR山手線
  • 渋谷駅
  • 午後8時ころ
  • 平日の帰宅ラッシュ時から少し外れている

のケースだと、幾らくらい「損害賠償」は請求されるのでしょうか?


過去の事例では、損害賠償額が「1000万円」になってもおかしくない

調べていくうちに、

ラッシュ時に電車を遅延させた人・親族の末路

という痛々しい記事を見つけ、「鉄道事故裁判に詳しい弁護士」の記事がありましたのでそちらを参照すると…。

損害賠償額が「1000万円」になってもおかしくないという事が分かりました。

例えば、昼に発生した鉄道事故で遺族から相談を受けたことがありますが、その時は、数百万円単位でした。

さきほど挙げた賠償金の内訳に照らし合わせても妥当だと思われる額で、このケースでは遺族と相談した上で全額払いました。

ただ、場所が首都圏で、ラッシュ時に生じた遅延で何十万人の足が止まったなら、損害額が1000万円単位になってもおかしくないとは思います。

引用:日経ビジネス(ラッシュ時に電車を遅延させた人・親族の末路)

この記事の例の通り「1000万円の損害賠償の請求💴」がされれば

 

4万円の財布を落として1000万円の損害賠償請求がされる(可能性)がある訳ですから単純計算

1000-4=996万円のマイナス(損失!)

となります。

事例では「ラッシュ時…」のケースなので、今回の「午後8時頃」であればピーク時から少し外れますのでざっくり「100万~300万円減額」したとしても

 

896~696万円のマイナス(損失)

は請求されると思われます。

また、別の資料からの算出方法も計算してみますと…


男性が支払う「損害賠償額」は、実際には350万円?

今回、山手線が停止していた時間と言うのは、駅員さんと話している最中に男性が「非常停止ボタン」を押している為、

実際に山手線が停止していた時間「2分間」と報道されております。

男性が非常停止ボタンを押したことにより、渋谷駅に到着予定だった山手線の一部列車が2分間停止するなどの影響が出た。

引用:よろず~

 

そこで、2分間程度で山手線が停止した場合の「損失額」を計算してみますと、

参考となるのが鉄道ジャーナリスト中嶋 茂夫氏の「山手線と東海道新幹線では、どちらが儲かっているのか?」という本の情報です。

 

こちらの書籍の初版が「2010年」なので、ちょっと古い情報にはなりますが、書かれている情報によると

 

山手線全線の売上は 3億4000万円

 

と言われております。

その事から、ラッシュ時間帯を無視して「非常停止ボタン」で、15分間の停止した場合の計算式はこちらです。

つまり、354万円が、山手線が停止した場合の「損失額」で4万円の入った財布を落とした男性が支払う額は、

 

354(万円)-4(万円)=350万円

と言う事になります。

 

こちらの方が、「山手線の1日の売上高」を元に算出しておりますので、より現実性の高い数字になっていますね。

 


まとめ:【動画】JR山手線 渋谷駅で財布を落とした男性 損害賠償で大損か!?

今回は「【動画】JR山手線 渋谷駅で財布を落とした男性 損害賠償で大損か!?」というテーマで

「損害賠償が請求されるのか?」
「されたとしたら金額は幾らになるのか?」

を調査していきました。

財布を落として「非常停止ボタン」を押したら996万円請求されるとは…

もしこれが本当に現実となったとしたら?
この男性は非常に後悔する事になりますね。

たられば、あとの祭り、後悔先に立たずではありますが、「最善策」は非常停止ボタンを押すのではなく、

今はあまり見かける事が無くなりましたが、「ホームに物を落としたときの注意書き」にかかれている通り

「ホームに物を落としたときの注意書き」の画像「ホームに物を落としたときの注意書き」

「駅員に申し出る」事をしていれば、今回の様に駅員さんから激高される事は無かったはずです。

駅員さんも、少し言葉が過ぎる所もありましたが、

そもそも財布を落とした男性が、「財布を落として非常停止ボタン」を押さなければ今回の様な事件に発展しなかった訳ですから

財布を落とした男性は、これに懲りて反省していただきたいと思います。

財布を落とし「非常停止ボタン」 押した人に駅員激高!電車停めて罰金か?
財布を落とし「非常停止ボタン」 押した人に駅員激高!電車停めて罰金か?2022年7月5日の午後8時頃、JR山手線の駅構内で、線路内に現金4万円が入った財布を落とし「非常停止ボタン」を押した乗客と駅員が口論し...

山手線を自分の都合で停めた「迷惑男性」についてコチラ👇

【TikTok特定!】山手線で財布落とした男は誰? 10代(顔画像)?
【TikTok特定!】山手線で財布落とした男は誰? 10代(顔画像)?2022年7月5日の22時ころ、JR山手線の渋谷駅で、財布を落とした乗客の男性が、駅員さんの静止を聞かず「非常停止ボタン」を押し、それに...


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。