訃報・事故

【疑問】高橋和希は本当にサメに噛まれて死んだのか?日本では死亡例は数件のみ。

2022年7月6日、沖縄県名護市の沖合でダイビング装着している男性が浮いている状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。

死亡したのは東京都在住の人気漫画「遊戯王」の作者の高橋和希さんである事が確認されました。

高橋和希さんが発見された時には、サメなど海洋生物につけられたとみられる激しい損傷が腹や足にあったということです。

そこで今回は、遊戯王作者の「高橋和希さんの死因やサメ」についてまとめていきます。

『遊戯王』作者・高橋和希さんが名護市沖でダイビング中に死亡

「遊戯王」作者 高橋和希の画像「遊戯王」作者 高橋和希(出典:Abemaニュース)

2022年7月6日、人気漫画『遊☆戯☆王』の作者で漫画家の高橋和希さんが、沖縄県名護市の沖合で、遺体で見つかっていたことがわかりました。

名護海上保安署によると、7月6日の午前10時半ごろ、沖縄県名護市の沖合で、

 

マリンレジャー関係者
「死体らしいものが浮いている!」

 

と、通報がありました。

 

漂流中の男性を、消防の水上バイクで引き揚げましたが、すでに死亡が確認されました。

 

その後の調べで、遺体は「週刊少年ジャンプ」に連載した『遊☆戯☆王』で人気のある東京都在住の漫画家・高橋和希さん(本名:高橋一雅)である事が判明しました。

 

高橋さんは発見された際、黒いTシャツ、黒い水中マスクに、シュノーケルとフィンを着け、うつぶせの状態で漂流していたということです。

また、死後1日から2日経っていると見られている。

 

また消防によりますと、高橋さんの腹や足には、サメなど海洋生物につけられたとみられる激しい損傷があったということです。

 

警察の記者会見によりますと、高橋さんは沖縄へひとりで観光に訪れいた模様で、

発見現場から10数キロ離れた恩納村の海岸近くの農道に高橋さんが借りたレンタカーが止められ、車内には高橋和希さんの免許証などの所持品が残されていたということです。

海上保安庁は、高橋さんが亡くなった経緯などを調べています。


遊戯王の作者「高橋和希」を殺したのは本当にサメなのか??

サメの画像サメ(イメージ)

報道によれば、高橋和希さんの遺体は

高橋さんの腹や足には、サメなど海洋生物につけられたとみられる激しい損傷があった。

と言われておりますが、

また別の報道では

サメの攻撃による死者は全世界で年平均4人程度と多くない。

とも言われております。

 

実際、日本で起きた「サメによる死亡事故」は、ほとんど起きておらず、

「サメによる負傷事故」も年に一回程度発生するか?しないか程度と言われております。

また、日本の海は餌が豊富(暖流と寒流がぶつかるため)なため「お腹いっぱいなサメ」であれば、よほど刺激をしなければサメに襲われることは少ないそうです。

ただし、日本にも『人食いザメ』と呼ばれる

  • ホオジロザメ
  • イタチザメ
  • オオメジロザメ

が生息しており、可能性的にはゼロではありません。

 

また、高橋和希さんが死亡した7月6日頃は、台風が通り過ぎた後でしたので、潮流が変化し、サメが流れ着いていたのかも知れません。

どちらにせよ、海上保安庁や警察が

「高橋和希さんの死因究明」を進めている最中ですので、

 

いずれ高橋さんの死因が特定されるのは時間の問題かと思われます。


まとめ:【疑問】高橋和希は本当にサメに噛まれて死んだのか?日本では数件のみ

「遊戯王」作者 高橋和希の画像「遊戯王」作者 高橋和希

今回は「【疑問】高橋和希は本当にサメに噛まれて死んだのか?日本では死亡例は数件のみ。」というテーマで

「遊戯王作者の高橋和希の死因」について調査していきました。

 

高橋さんの死因の原因がサメであっても無くても、

どちらにせよ「漫画界」や「カードゲーム界」にとって、
偉大な人材を失ったことに変わりはありません。

貴重な人材を失ったことに「遺憾の意」とともに、ご冥福をお祈りします。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。